株式会社カイオム・バイオサイエンス

文字
拡大

  • 小さいサイズ
  • 少し大きいサイズ
  • 大きいサイズ
  • Print
  • Contact
トップ  >  技術情報 > 技術・サービス

技術・サービス

当社のサービス

当社では、製薬企業や診断薬企業、大学等の研究機関で実施される創薬研究を支援するため、抗体などのタンパク質の発現・精製等のサービスや、当社の保有するADLib®システムやB Cell Cloningといった抗体作製技術を用いた抗体作製サービスを提供しています。

主なサービス内容

サービス項目
内  容
抗原・抗体などの
タンパク質の発現精製
抗体作製に必要な組換えタンパク質(抗原)や、研究開発用途の抗体などを細胞に発現させ、精製を行います。種類に応じた発現・精製方法を選び、純度や物性の分析を行います。
安定発現細胞株作製 安定的に組換えタンパク質(抗原や抗体)を供給できるように、遺伝子組換え技術を用いて、組換えタンパク質を効率よく発現する細胞株を作製します。
ADLib®システムや
B Cell Cloningによる抗体作製
ADLib®システムやB Cell Cloningといった抗体作製技術を用い、創薬研究に用いるモノクローナル抗体作製を行います。当社の抗体創薬の知識・ノウハウを活かし、顧客のニーズに合わせた抗体作製プランを提案いたします。

技術ポートフォリオ

当社は独自技術のADLib®システムのほか、ハイブリドーマ法、マウスやニワトリを用いたB Cell Cloning、TransChromosomics社のヒト抗体産生マウス/ラットを利用した作製法など、複数の抗体作製技術を保有しており、それぞれの技術の特性を活かしてリード抗体取得確率を最大化する取り組みを行っています。また、抗体作製技術だけでなく、抗体・抗原などのタンパク質調製、抗体のヒト化や親和性向上、薬効評価試験などの創薬開発プロセスを支えるための創薬基盤技術全体の技術ポートフォリオを整備しています。これらの技術ポートフォリオを統合的に運用することで、アンメットニーズの高い治療標的に対する創薬を目指す創薬事業と、他の製薬企業や研究機関の抗体創薬を支援する創薬支援事業を展開しています。基礎的かつ高度な専門性を要求される分野においては大学・研究機関等との共同研究を通して、作製技術の改良・技術革新にも取り組んでおり、継続的に技術ポートフォリオの強化に向けた取り組みを行っています。

抗体作製技術とその特徴

抗体作製技術
技術の特性
抗原・抗体などの
タンパク質の発現精製
動物免疫が不要なので、抗体取得にかかる時間が短縮できる
・ 抗体ライブラリの多様性を自律的に高めることができる
・ 動物免疫と異なり、自己抗原への免疫寛容の影響を受けないため、理論的にはあらゆる配列のタンパク質を認識する抗体が取得できる可能性がある
・ ヒトADLib®システムを用いた場合、ヒト化の工程を経ずにヒト抗体を取得することができる
ハイブリドーマ法 ・ 動物免疫による抗体作製法で、最もよく用いられる
・ 手法が確立されており、医薬品化された実績も多い
・ ヒト抗体産生動物を用いた場合、ヒト化の工程を経ずにヒト抗体を取得することができる
B Cell Cloning ・ 動物免疫を行った後、ハイブリドーマを作製せずに抗体の配列を決定するため、ハイブリドーマ法より短期間で目的の抗体を得ることができる
・ 抗原特異的なB細胞の検出率がハイブリドーマ法よりも高く、取りこぼしが少ない
・ ヒト抗体産生動物を用いた場合、ヒト化の工程を経ずにヒト抗体を取得することができる
ページのトップへ戻る